03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 † comment(0) † trackback(0)†
愛犬と一緒に楽しい旅!
愛犬と一緒に楽しい旅

愛犬と一緒に楽しい旅をしたい!!
車に慣れないペットであれば、数週間ぐらい前から、車に乗せて慣れさせておくことが必要です。
最初は、少しずつ慣れさせることが大切です。車に乗せる前には排便・排尿を済ませておきましょう。
車中では、万が一の事故の為、おとなしくさせておくことが大切です。
助手席に座らせたり、抱いたままの運転は厳禁です。
愛犬と一緒に楽しい旅をしたい!!楽しい旅にする為に万が一の備えにと、ペットを飼っている
飼い主のためにペット専用のシートベルトや酔い止め薬、自動車保険などが次々と登場しています。
高速道路のサービスエリアでは、犬が遊ぶための広場も整備され、ペット連れの旅が激増しています。

家族旅行のマイカーが行き交う道路で、車の窓から身を乗り出し、風にふかれて気持ち良さそうにし
ているワンちゃんを良く見かける。だが、このような事は、犬が運転の邪魔をしたり、急ブレーキで怪我
をする恐れがありますから、座席などに固定することが大事です。
また車内の窓をあけて、風通をよくしましょう。1~2時間をめやすに、パーキングエリアなどで
休憩をとってあげましょう。

万が一の事故の為にと、BMWジャパンが昨年発売した犬用のシートベルトは、人用と同じ素材の本格派で、
二万円以上する高級品ですが、月に50セットほど売れているという。
ある自動車メーカーもペットを後部座席に乗せるときに使う「ペットキャリア」を発売した。
ペット用品メーカーも同じような商品を発売しており、犬専門店の担当者は色やサイズも揃っていると
話している。

全国サービスエリアを運営するハイウェイ交流センターが昨年実施したアンケートでは、
高速道路利用者のうち、ペット連れは、約21パーセントに上り、うち78パーセントが犬だった。
日本道路公団は全国六箇所のサービスエリアなどに「ドッグラン」の施設を整備した。

座席に固定され、ご機嫌ななめだった愛犬も、自宅の庭よりも広い場所で走り回ればストレス解消と
言うもの。排泄物を捨てる専用のゴミ箱や、水のみ場のあるサービスエリアも増えています。

万が一の自動車事故の際に、犬の怪我を補償する保険も登場してきました。ある損保保険会社は
自動車保険の補償対象に犬や猫を含める特約条項を付けられる。
年間千円程度の負担で、最高十万円の治療費が支払われる。

犬の体調への配慮も欠かせません。犬は車酔いがしやすいから、人間と一緒で、満腹でも
空腹でも酔いやすくなるため、乗車の数時間前に適度に食事をさせると良い。
ペット用の酔い止め薬もある。
犬は移動することが大好きなので、適応力のある子犬の時から、車に慣れさせることが大事だ。
家族と一緒に楽しい旅が出来るように常日頃の訓練をして、家族全員で旅に出かけましょう。

注意点
「1」後部座席にワンちゃんを乗せる場合は、後部座席の下にクッションになるような荷物などを
  積んでその上にシーツを敷き転落を防ぐ。スペースも広がり愛犬が喜んで快適にドライブが
  できるはずです。

「2」車に酔わないためにと、窓を開けて窓からワンちゃんの顔の乗り出しは絶対厳禁です。
  急ブレーキでバランスを崩したり窓から飛び出したりする危険があります。

「3」車内の手すり等にリードをつなげないこと。急ブレーキなどによる首吊り状態で大怪我のもと。
  車内はノーリードで伏せをさせる。寝かせる躾けが肝心です。

「4」ワンちゃんの安全快適なドライブには、愛犬はケージの中が一番安全です。
  急ハンドル、急ブレーキ、車の揺れや思わぬアクシデントに備え、ワンちゃんはなるべく
  ケージに入れ、ケージの両脇に荷物などで固定させる配慮をしましょう。

「5」慣れていない長時間のドライブで、退屈していたワンちゃんが、ドアを開けたとたん飛び出して
  しまいます。高速道路のサービスエリアの駐車場は混んでいますから危険、ドアを開ける前に
  リードを付け、車から降りる時は「マテ」をさせてから飼い主の後に降ろすこと。

お出かけ前の準備品
■日常使用品
  ごはん、おやつ、飲料水、食容器、遊び道具、足拭きタオル等
■トイレ用品
  トイレ、トイレシート、ふん取りナイロン袋、ウェットティッシュ、
■掃除用具類
  消臭スプレー、新聞紙、粘着ローラー等
■その他
  散歩用バッグ、ペット用雨具、ブラシ、リード、ケージ、長いロープ、応急セット、迷子札
  予防接種の証明書等自分のワンちゃんに必用な物を忘れずに。



ペットと泊まれる宿情報
スポンサーサイト
メリー † comment(0) † trackback(0)†
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。